カードローン

カードローン

抵当に関する法律11のページです

抵当に関する法律 戻る 抵当に関する法律 次へ
カードローン HOME> 金融法律> 港湾運送事業抵当登記規則>

港湾運送事業抵当登記規則

不動産登記法(明治三十二年法律第二十四号)第百六十四条の規定に基き、港湾運送事業抵当登記取扱手続を次のように定める。
第一条 港湾運送事業法(昭和二十六年法律第百六十一号。以下「法」という。)による港湾運送事業財団の登記については、この府令に別段の定めがある場合を除いて、工場抵当登記規則(平成十七年法務省令第二十三号)中工場財団に関する規定を準用する。
第二条 港湾運送事業財団について所有権の保存の登記の申請をする場合には、法第四条の規定による許可を受けたことを証する情報及び法第二十四条第一号に掲げる工作物の配置を記録した図面をその申請情報と併せて登記所に提供しなければならない。
2 前項の図面は、港湾運送を行う場所ごとに作成しなければならない。
3 不動産登記規則(平成十七年法務省令第十八号)第七十三条及び第七十四条第二項の規定は、第一項の図面について準用する。
第三条 港湾運送事業財団目録に記録すべき総トン数二十トン未満の船舶については、その船名、船舶の種類(帆船(主として帆をもつて運航する装置を有する船舶をいう。以下この条において同じ。)又は汽船(機械力をもつて運航する装置を有する船舶であつて、帆船でないものをいう。)の別をいう。)、総トン数及び進水の年月日を記録しなければならない。ただし、端舟その他の舟であつて以上の事項を記録することが困難なものについては、その長さ、幅及び隻数を記録すれば足りる。
第四条 登記官が港湾運送事業財団の登記記録の表題部に港湾運送事業財団を表示するには、港湾運送を行う場所、主たる営業所及び港湾運送事業の種類を記録しなければならない。
第五条 港湾運送事業財団目録及び第二条第一項の図面は、港湾運送事業財団の登記記録を閉鎖した日から二十年間保存しなければならない。

抵当に関する法律

工場抵当法工場抵当法
工場抵当登記規則工場抵当登記規則
建設機械抵当法建設機械抵当法
建設機械抵当法施行令建設機械抵当法施行令
建設機械抵当法施行規則建設機械抵当法施行規則
奄美群島における自動車抵当法及び道路交通事業抵当法の施行に関する政令奄美群島における自動車抵当法及び道路交通事業抵当法の施行に関する政令
抵当証券法抵当証券法
抵当証券法施行令抵当証券法施行令
抵当証券法施行細則抵当証券法施行細則
明治四十二年法律第二十八号(軌道ノ抵当ニ関スル法律)明治四十二年法律第二十八号(軌道ノ抵当ニ関スル法律)
港湾運送事業抵当登記規則港湾運送事業抵当登記規則
漁業財団抵当法漁業財団抵当法
漁業財団抵当登記規則漁業財団抵当登記規則
自動車交通事業財団抵当登記取扱手続自動車交通事業財団抵当登記取扱手続
自動車抵当法自動車抵当法
自動車抵当法施行法 抄自動車抵当法施行法 抄
航空機抵当法航空機抵当法
観光施設財団抵当法観光施設財団抵当法
観光施設財団抵当法第二条の観光施設を定める政令観光施設財団抵当法第二条の観光施設を定める政令
観光施設財団抵当登記規則観光施設財団抵当登記規則
軌道抵当取扱規則軌道抵当取扱規則
農業用動産抵当権実行令農業用動産抵当権実行令
農業用動産抵当登記令農業用動産抵当登記令
農業用動産抵当登記規則農業用動産抵当登記規則
道路交通事業抵当法道路交通事業抵当法
道路交通事業抵当法施行令道路交通事業抵当法施行令
道路交通事業抵当法施行規則道路交通事業抵当法施行規則
道路交通事業抵当登記規則道路交通事業抵当登記規則
鉄道抵当法鉄道抵当法
鉄道抵当法施行規則鉄道抵当法施行規則
鉱業抵当法鉱業抵当法
鉱業抵当登記規則鉱業抵当登記規則

カードローン紹介その他